左右対称に噛むことを意識して生活してから3週間が経った結果

こんにちは

ついに左右対称に食べ物を入れるようにして、片側だけで噛まないように意識してから3週間が経ちました!

いろんな変化がありすぎてとてもびっくりしていますが、3週間も続けられて嬉しく思います。というか、もう3週間なんですね。長いような短いような。ここまで続けられたのは日々色々な変化があったからだと思います。また、このMacbookに色々と記録をしていたことも大きいです。この記録があったからより色々なことに気づけて、確認ができたと思います。

2週間を超えてからは色々な変化がありましたが、特に変わったのは口元です。口を閉じるような癖がついて、その後は呼吸をよく鼻でするようになったので一時期慣れていないせいか呼吸がしづらくて大変でした。その後少し歯軋りをするようになり、ある日の朝舌が上の部分にペタッとつくようになりました。これは健康になる上で大切なことだとよく聞いていたので、この舌が上にペタッとつくことは大きな進歩のような気がしました。

舌が上につくことで、気持ち的に少し落ち着く感じがして、また、自分が無意識の時も舌が上によくついているので良い傾向なのではないかと思いました。

その舌が上についてから、色々と変わっていき、姿勢の部分で最近変化してきています。歩き方も少し変わり、寝る時の姿勢も少し変わったような感じがします。

この変化は最近なので次の一週間でどう変わっていくか感じていこうと思います。

舌が上についてからはまだ4日とかですが、普段だったら舌が上についてもすぐにまた離れたりするのですが、今のところそのようなことはないです。体が今まで内股気味だったのが、体が外向きになってきているようでこれも一つの変化です。

これが影響して良い感じに身体が変わっていくと良いですね。

今日は普段と違うところのスターバックスでこの記事を書いています。ここはツタヤもついているので本が読めるという素晴らしい環境です。

休みの日はここに来るのも面白いのかなーなんて考えています。

この一週間は本当にいろんな変化の一週間でした。また良い感じに変わっていくのを楽しみにしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です